必要となる書類は?

仙台で会社設立をする際には数多くの書類作成や申請・届出が必要で、何ひとつ欠けても許されないので確実に実施していく必要があります。
法務局への登記申請はもちろんのこと、設立後も各官公庁に様々な届出をする必要があるので、それに伴い書類が必要になります。
中でも登記申請書については様式が決まっていますし、様式が合っていなかったり書類の記載事項に誤りがあったりすると、再び法務局を訪れて補正をしなくてはなりません。
そうしたことをしっかりと理解して十分に注意するように心がけることです。

仙台で株式会社として会社設立する際に必要となる書類としては、登記の申請時に必要となる会社設立登記申請書・印鑑証明書・登録免許税納付用台紙などがあります。
また、会社の基本規則となる定款を作成して、公証人の認証を受けた謄本も提出書類になります。
それから印鑑届出書・払込みがあったことを証する書面・資本金計上証明書も必要な書類で、これら全ての書類が揃ったら決まった順序で綴じて、所轄の法務局へ行き届出をします。
ちなみに払込みがあったことを証する書面は、金融機関による払込金保管証明書が以前なら必要だったのですが、新会社法施行により規制が緩和されて、現在は代表者が作成する払込証明書と預金通帳のコ ピーがあれば良いです。

このように法務局に対する登記申請が完了すると、先にも触れましたが各官公庁に様々な届出をする必要があります。
まず所轄税務署へ提出する書類としては、法人設立届出書・青色申告の承認申請書・給与支払事務所等の開設届出書などがあります。
また所轄税事務所へ提出する書類として法人設立届出書が必要になりますし、市役所・町村役場へ提出する書類として法人設立届出書が必要になります。
それから状況に応じて、労働基準監督署や公共職業安定所(ハローワーク)、社会保険事務所に対して、様々な届出を行う必要があります。
その際に必要となる書類や添付書類などについては、自治体によって違ってくることもあるので、まずは提出先に確認してみると良いです。