会社設立する際に必要となる手数料を含めた費用は?

仙台で会社設立を考える際に、会社設立=株式会社というイメージが強いために、株式会社での設立をするケースが多いです。
しかし、現在日本における会社の種類としては、株式会社・合同会社・合名会社・合資会社という4種類があります。
ただ、この4種類の中の合名会社と合資会社については、責任が重くなってしまうことから作る人は少ないので、株式会社と合同会社が主流と考えられます。

仙台で会社設立を考える際には、株式会社と合同会社のどちらで設立するのかを考える必要があります。
ちなみに合同会社は2006年に登場した会社の種類で、株式会社よりも設立費用が安いことや、利益分配が柔軟にできると言った特徴があります。
その為、少人数での起業に適しているタイプの会社となっていて、近年設立する数は増加傾向にあります。

仙台でどちらのタイプで会社設立するのかを考える際に、手数料など会社設立にかかる費用を比較するのもひとつの手段です。
株式会社を設立する際にかかる費用は、公証人手数料が50,000円、定款印紙代が40,000円、登録免許税が150,000円で、これらを合計すると240,000円になります。
一方、合同会社を設立する際にかかる費用は、株式会社と違って定款の公証人認証が必要ないため、それに必要となる手数料がかかりません。
その為、定款印紙代の40,000円と登録免許税60,000円で、合計して100,000円の費用で済みます。
ただ、定款や登記簿の謄本などで数千円の費用が、株式会社・合同会社共に必要になるので、その点を忘れないことも大切です。

また株式会社・合同会社共通して該当することですが、紙の定款ではなくて電子認証定款にすることで、定款印紙代の40,000円が不要になります。
つまり電子認証定款の場合は、株式会社なら200,000円、合同会社なら60,000円で済んでしまうのです。
このように株式会社と合同会社では、会社設立における手数料を含めた費用で、140,000円の差が発生することを理解しておくと役立ちます。