資本金はいくらが妥当なのか?

新会社法の施行に伴って最低資本金制度が撤廃されたことで、資本金をいくらにするのかは自由に決めることが可能になっています。
その為、極端な話ですが資本金1円の株式会社を設立することも法律上は可能といえるのです。
ただ、仙台で会社設立する際の資本金額については、極端に少ないと不利益を受ける可能性がありますし、多過ぎると損をしてしまうこともあります。
会社設立する際の資本金はいくらが妥当なのかをしっかりと検討する必要があります。

仙台で会社設立する際の資本金額が少ないと、取引先から取引や契約を断られる可能性も考えられ、それによる不利益が発生してしまいます。
それは資本金の額が少ない会社は財政的な体力がないと判断されて、たとえ株式会社という肩書きであっても、取引先から信用が得られないこともあるのです。
また、貸し付けたお金を回収できない可能性があると判断されて、金融機関から融資を受けられない可能性も考えられることです。
実は、金融機関から融資を受ける際の審査において、資本金の額も重要な審査項目のひとつになっていて、融資商品によりますが融資限度額は資本金の額の2倍までと言った規定をしていることもあるのです。

それから仙台で会社設立した後に少ない資本金額では、すぐに債務超過・資金不足になってしまう可能性も考えられます。
会社設立する際の事業内容により許認可の取得が必要なケースもあって、許認可取得を必要とする事業の中には、資本金がいくら以上ないと取得できないというものもあります。
その点も考慮していくらの資本金にするのかを考えることも大切で、こうした不利益を回避するためにも、ある程度の資本金額にしておく必要があると言えます。

逆に資本金を1,000万円以上に設定してしまうと会社設立の初年度から消費税の課税事業者になってしまいます。
また、決算時に支払う法人住民税の均等割が高額になる可能性があって負担が大きくなります。
このように仙台で会社設立する際の資本金額により様々な影響が起こるので、適切な額にすることがおすすめです。