代行サービスの利用を考える

今の時代はあらゆる書類がパソコンを使用して作ることができます。
また、書類作成や手続きに関する知識や雛形もインターネットで調べられますし、無料で利用することができます。
その為、仙台で会社設立する際に、自身で様々な書類を作成して申請や届出といった手続きをすることも可能なことです。

しかし、自身で会社設立の定款作成など数多くの書類を作成するのは、時間と手間がかかって大きな負担になってしまいます。
それに会社設立の登記にかかる費用も代行サービスを利用するより高くなってしまう可能性も考えられるのです。

仙台で株式会社設立の手続きを自身でするとなれば、公証役場に払う定款認証手数料として52,000円、定款に貼る収入印紙代が40,000円、法務局に払う登録免許税が150,000円となります。
これらを合計すると242,000円になるのですが、代行サービスを利用すると電子定款で収入印紙代の40,000円が節約できて合計で202,000円になるのです。
つまり、代行サービスに支払う手数料を考えても、3万円以上得することになるのです。
しかも、書類作成や申請・届出と言った面倒な作業も自身でする必要がなくなるので、時間的にも得をすることになるのです。

では、その電子定款も自身で作ることはできないのかと考える方もいるでしょうが、決して簡単なことではなく手間と費用がかかってしまいます。
実は、ICカードリーダー購入やパソコンソフト購入などの費用が約3万円程度かかりますし、面倒な手続きもするので自身でするメリットは少ないのです。
つまり、それが揃っている代行サービスを利用する方が、時間もお金も明らかに得になるのです。

また仙台で会社設立すると言うのは登記だけでなく、設立後も様々な役所に色々な申請・届出をする必要もあるのです。
それから将来的に本店移転・役員変更・目的変更など会社変更登記が必要になる可能性も考えられるので、長い目で見ても代行サービスを利用するメリットがあると言えます。