会社設立年金事務所

会社設立02

会社を設立するときにはたくさんの手続きがあります。
会社設立年金事務所についても知っておくといいでしょう。

少し手続きについて調べた方は、会社設立の手続きは公証役場や法務局でやるものだとのイメージがある方も多いでしょう。
これはその通りで、起業するときには公証役場や法務局で手続きをするのが基本です。
この段階では年金事務所で手続きをすることはありません。
しかし法務局での登記まで終えたあとには年金事務所での手続きが必要です。

よく覚えておきたいポイントなのですが、会社設立を終えたあとにもやるべき手続きや届出があります。
このときには税務署への届出も必要です。
税金関係の手続きをしておくためです。

このように会社設立を終えたあとは1つの法人としてやっておくべき届出があります。
その届出先の1つが年金事務所になっているのです。
普段こちらに行く機会はあまりないかもしれません。
これまで勤め人をしていた方はこれら社会保険の手続きなどは会社がやってくれていましたよね。

しかし勤め人でなくなると、自分でこれら事務所に行って手続きをやる機会も増えます。
会社設立すると今度は自分がこれら社会保険の手続きをやる立場になりますから、その届出をするためにこちらの事務所へ行くのです。
やるべき届出は何かというと、社会保険の届出です。

会社設立する前に勤め人をしていれば、その会社経由で企業用の社会保険に加入していることも多いでしょう。
自分が会社を作るとその社会保険への加入が必要になることが多いため、そのための届出をするのです。

この手続き自体は届出を出すだけですから、年金事務所でやることはそれほど多くありません。
大事なのはどちらかというと事前の書類の準備です。
届出の書類さえ用意できればそれを提出するだけです。
どんな書類が必要なのか、事前によく確認して作成するといいでしょう。

このような会社設立年金事務所はよく覚えておくといいです。
会社設立の手続きとしてチェックしておき、法務局での登記が終わったらすぐにこちらで手続きするといいでしょう。

もしこれをしていないとどうなるのでしょうか?
このときは問題になることも多いです。
もちろん絶対ではなく、大事なのはそれら企業用の社会保険への加入が必要かどうかです。
もし必要なときは必ず年金事務所での手続きが必要です。
もしやっていないと手続きをするように連絡が来ることも多く、最終的には強制的に加入となります。
会社設立したあとの必須の手続きとなりがちですから、忘れずにやっておいてください。