仙台で起業するのなら個人事業主か会社設立か?

仙台で起業するとなれば株式会社など会社を設立をするケースをイメージする方も少なくないです。
ただ、個人事業主として起業するケースも選択肢として考えられるので、会社設立と個人事業主それぞれのメリット・デメリットを知っておくことも大事です。
会社設立のメリットを具体的に知りたいなら

個人事業主として起業する最大のメリットは、開業届けを出すだけで個人事業主になることができるので手続きが簡単という点です。
また、年に1度1年間の事業の収支を計算して、所得税額を計算する確定申告が必要ですが、計算や確定申告に必要な書類の作成もソフトを利用すると手軽に自分で行うことも可能です。
こうした手軽で簡単ななことが個人事業主として開業するメリットですが、税金面でのメリットが会社設立するよりも少ないことはデメリットと言えます。
また、法人としか取引しない企業があったり、従業員を採用する際にイメージが悪るかったりすることもデメリットとして考えられることです。

会社設立で起業するメリットは、法人税は累進性が低いという税金面でのメリットがあります。
また、個人事業主と比較して法人の方が信用度が高いといえる状況にあって、大企業では法人としか取引しない企業もあるなど、やはり会社の方が信用面のメリットは高いです。
その他にも、保険を経費にできたり赤字の繰越が個人事業主より長かったり、株式発行による資金調達ができたりなどもメリットとしてあります。
ただ、その一方で会社設立時の登記に際して、定款作成など数多くの書類の作成が必要だったり、手続きが面倒だったりすることがあります。
それから赤字でも必ず税金がかかってくることがあるなど、メリットだけでなくデメリットもあります。

仙台で起業することを考える際には、個人事業主としてビジネスをスタートするのか、それとも会社設立するかは迷うところです。
先に述べたようなメリットとデメリットがあるので、それを比較してどちらを選択するのかを検討してみるのもひとつの方法です。