仙台で会社設立するにはどうすれば良いのか?

仙台で会社設立するには、まず会社の形態を考える必要があります。
実は会社の種類は株式会社だけではなくて、合同会社・合資会社・合名会社と言ったものがあるのです。

株式会社は代表的な会社形態で、出資者と経営者が基本的に分離されていて、株式発行により多額の資本を集めることができやすい特徴があります。
合同会社は新たに創設された会社形態で、出資者と経営者が分離していない点が株式会社と違う点です。
また会社設立が簡単で費用も少なくて済みますし、会社経営の自由度も高いため専門家やクリエーターなどのベンチャービジネスの設立に適しています。
合資会社と合名会社も合同会社同様に持ち分会社の一つの会社形態ですが、無限責任なのでリスクが大きいことから設立することが少ない会社形態です。
仙台で会社設立するには、こうした違いを理解して検討する必要があります。

次に仙台で会社設立するには、目的・商号(名前)・本店の所在地など会社の基本的事項を決める必要があります。
その後株式会社の場合には、定款作成をして公証人による認証手続きをすることになります。
そして会社設立の登記申請をして問題なく登記が完了したら会社設立になり、その後各役所への申請・届け出などを実施します。

また、事業内容によっては許認可が必要な事業か確認しておく必要があって、必要な場合には許認可の申請が必要になります。
それから、個人事業として許可や免許を取得していても、会社設立した場合には新たな許認可取得の申請や届出が必要となるので忘れないことです。
許認可が必要な事業としては、例えば飲食店なら食品営業許可、リサイクルショップ・骨董店・古本屋なら古物商許可、ペットショップなら動物取扱業の登録が必要です。

仙台で会社設立するには、定款の公証人手数料・定款印紙代・登録免許税など、様々な費用もかかるので準備しておく必要があります。
株式会社は合計で240,000円の費用になりますし、合同会社は合計で100,000円になりますが、電子認証定款の場合は定款印紙代が不要になるので40,000円安くなります。