スケジュールを考える

仙台で会社設立する場合には、様々なことを一つ一つ確実に手順に従い進めていく必要があるので、事前にスケジュールを考えておく必要があります。
実は仙台で会社設立するには、決めるべきもの・作成すべきもの・しなければならないことがたくさんあります。
どれひとつ欠けても会社設立することができないので、スケジュール通り順に沿って行うことです。

まず決めなければならない事柄は、商号(会社名)・会社の本店(住所)・事業目的(仕事の内容)などの基本事項です。
ただ、その際に注意したいことは、事前に同じ本店所在地に商号がないか自分で確認しておく作業が必要になります。
これは、万が一同一所在地や同一商号があると損害賠償などのトラブルになってしまう可能性があるので、調査・確認は怠らないことが大事です。

会社設立に欠かせない会社の実印は完成まで時間がかかるので、早めに作成することを心がけることです。
そして印鑑登録したら今後の手続きに必要な印鑑証明を取得しておくと良いです。
会社の法律ともいわれる定款の作成と認証も必要な手続きで、定款は公証人の認証を受けなければ法的に有効にならないと知っておく必要があります。
本店の所在地を管轄する法務局に、会社設立の登記申請をして、登記完了すると会社は法人格を所有します。

仙台で会社設立するスケジュールは登記完了で終了と考えてしまうこともありますが、実は会社設立後にも様々な申請や届出が必要になるのです。
税務署には、法人設立届出書・給与支払事務所等の開設届出書・源泉所得税の納金の特例の承認に関する申請書などを提出する必要があります。
また、都道府県や市町村に開業の届出、労働基準監督署とハローワークに労働保険の加入手続きの届出、年金事務所に社会保険加入の手続きをする必要があります。
こうした税務署や都道府県・市町村などへの各種届出が必要になるので、ここまでの手続きも含めて会社設立のスケジュールを考えておく必要があると言えます。